セカンド楽器に♪ ギターとセッション!

【ギター弾き語り】TOKIO 沢田研二

80s音楽シーンの幕あけ’TOKIO’

80sに入るとジュリーは変わる。

それまでの阿久悠の世界から離れ、
自身の世界を追求していくことになる。

この曲は糸井重里作詞。

80sあたりから、コピーライターが作詩の世界に入って活躍するようになる。
売野雅勇氏などが出てくるのがもう少しだけ後になるか。

ぬしこと前田が高校生あたりになるころだ。

TOKIOをギターで弾き語る

ロックなギターリフで始まるこの曲、
ロックンロールである。

アコギ一本で弾き語る時も、基本的にエレキのように弾けばよい。
それもなかなかにカッコイイ。

コード進行もシンプルで気持ちがよい。

歌に関しては、AメロBメロさびと、
強弱をつけメリハリをつけないと
ノペーとして終わってしまうので気をつけるべし!

ノリの良いいい曲だ!

223バースデイライブ動画

楽譜:ギターコード:TOKIO / 沢田 研二


MV