PR

【初中級者向き】リズム・キープのコツ

ライブ・本番
記事内に広告が含まれています。

前田は、ライブなど本番でスピード感のある曲だと、
突っ込んでしまい、めちゃくちゃ速くなります。

馬の駆ける音、

パカラッ、パカラッ、パカラッ、パカラッ、、、

がそのリズムの原点とホントかどうかうろ覚えなのですが、
聞いた覚えがあります。

前ノリなんていうカッコイイしろものではありませン。
無謀運転といえます。

ゆっくり歌おうとすると、逆にモタってるように聴こえる、
といわれたこともあります(´;ω;`)ウゥゥ

いわゆるグルーヴ感とかタイム感とかswingとかいわれるノリ、
これを出すのにいつも前田は苦労しております。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リズム・キープで意識することはこれ!!

で、これを両方克服するコツがあります。

それが!!!




裏拍を意識すること!

・・って、ムズカシインデスけどね(笑)

特に、突っ込み気味の方は、

4拍目から次の1拍目の頭にいくまでの「ウラ」の感覚が短い

のが原因の一つとか。

いち、にィ、さん、しいち、に、、、

↑わかります?

これを正すには、

1)練習中常に裏拍に「トー」を入れて数える

例:いちトー にィトー さんトー よんトー

2)「一」の代わりに「五」と数える

いち、にィ、さん、しい(よん)、ごぉ(=いち)、にィ、さん、しい、

「四、五」と数えることで、4拍目から次の1拍目(つまり5拍目)の裏の感覚が
他の拍と同じになる、ということなのです。

ギターをかき鳴らして歌う人は、
ぜひお試しください。

モタッている場合について

リズムキープのコツとして、
裏拍を意識することを書きました。

「モタってしまう」についてですが―

モタって聴こえるその原因、カンタンに言えば

「リズムに乗れていない」。

この場合、裏拍意識は当然の前提として、
ほかに気をつけることは大きく2つ―

1)シンコペーション
2)曲は’時間的’に前に進んでいるという意識

です。

シンコペーションは、
特に歌詞とコードのみの楽譜を見て歌っている人は、
あまり意識していないかもしれませんね。

音符は読めなくても、一度歌いたい曲の楽譜を見てみることを
お勧めします(^^♪

 

で、今回は、2)曲は’時間的’に前に進んでいるという意識、についてです。

曲は前に前に進み続けています。

なので、メロディの、ある音程・フレーズを、
‘その瞬間瞬間’にオン・タイムで歌うと~一時とまれ状態のように歌うと~、

必然的に遅れる、のです。

・・・わかりますか??(笑)

 

駅によくある歩く舗道とかベルトコンベアーをイメージしてください。

歩く舗道に乗ったまま、
その先のある地点の吊革にジャンプしてぶら下がるとしましょう。

上手にぶら下がるためには、つり革のやや前からジャンプするはずです。

歩く舗道は前に進んでいますので、つり革の真下に来た時にジャンプすると、
・・・つり革は後ろへと過ぎてしまいます。

このイメージです。

分かります(笑)??

ぶら下がるタイミングはオン・タイムでは遅いのです。

つまり歩く舗道のスピードと上手にジャンプしてつり革をつかむタイミングを、
きちんと図っておかなければなりませン。

 

音楽でいえば、
前に進むと目の前にやって来ては過ぎ去るメロディを上手にとらえるように、
前もってリズムに乗っておくことと、
その音程・フレーズに上手に合わせるタイミングを図っておくこと、
これが要求されます。

それができないと、モタッてしまう、またはその逆だと走ってしまうのです。

・・・わかります???
くどいですけど(笑)

 

ピアニストは、’今’弾いている音よりも、
1小節も2小節も先の音符を見て演奏しているといいます。

我々弾き語りシンガーもミュージシャンとして、
少しでも質の高い演奏を心がけておきたいですよね^^

 

まずはリズム、ですよ(^^♪

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!

昭和の歌物語を紡ごう~平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで大声で話したり笑ったりしていることもあるものです。

前田はこれが嫌なので、知り合いが出るとき以外はあまりライブハウスには行きませんし、出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!昭和の歌物語を紡ごう!平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで
大声で話したり笑ったりしているものです。

前田はこれが嫌なので、あまりライブハウスには行きませんし、
出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スポンサーリンク
ライブ・本番歌うコツ
スポンサーリンク
80s-vocalistをフォローする
ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました