PR

SACHIKOの歌い方~語って歌いあげ、おさめる!

80s
記事内に広告が含まれています。

SACHIKO ばんばひろふみ

1979年発売ですが、1980年ヒットの曲となるようですね。

 

この曲、歌ってみるといい曲ですね~

歌いだしが
♪レミファソラ~♪
♪しあ わ せを~

と一音ずつ上がっていくので、気持ちよく歌いだせます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

語る 歌いあげる おさめる

さて、歌唱上のスキルとして、
どう曲を構成して歌うか、を考える際に参考になるのがこれ!

 

語りの部分
歌いあげる部分
おさめる部分

 

前田の師匠は声楽家なので、よくオペラを例に出すのですが、、、

語りの部分とは、舞台でいうセリフの部分
歌いあげる部分とは、文字通りオペラでいう「アリア」など歌いあげるところ
おさめるとは、歌い終わりの締めくくりをどこにどういう風に締めくくるか

 

SACHIKOで上記を構成すると―

・語り:Aメロ~Bメロ
幸せを数えたら~笑い話になるものさ

・歌いあげる:サビ
SACHIKO 思い通りに~笑い方も忘れた時は

・おさめる:歌い終わり
思いだすまで そばにいるよ

 

これが「大枠」です。

で、さらに、それぞれの部分で、
「歌詞のひとまとまりごと」にどう歌うかを決めます。

 

マエダ例:「」でひとまとまりの歌詞と考えます。

「幸せを数えたら(語る) 片手にさえ(歌いあげる) 余る(おさめる)」

「不幸せ(語り) 数えたら両手でも(やや歌いあげる) 足りない(おさめる)」

「いくら心が綺麗でも(語る) 醜いアヒルの(語る) 子では嫌だと(シンコペ、次の

歌詞につなげる) 泣いた夜さえいつの日か(おさめつつ語る) 笑い話になるものさ

(やや歌いあげおさめる)」

「(歌いあげる)
SACHIKO 思い通りに
SACHIKO 生きてごらん」

「(歌いあげる)
それが悲しい恋でもいい
笑い方も忘れた時は
思いだすまで そばにいるよ(おさめる)」

 

まとめ

おさめる部分をどう歌うかで、曲の印象も変わるし、
曲にメリハリがつき、表情がつきます。

例えば、さび終わり「(思いだすまで) そばにいるよ」
この「そばにいるよ」を力強く歌うか、優しく囁くように歌うかで、
その人の個性がでたり、曲の表情が変わります。

プロは、こういうところで、自分を表現しているのですね。
そしてそれが人の心を打つわけです。

 

どうも歌がノペーッとしてしまう、と悩んでいる人なら、
ぜひお試しあれ!

 

sachiko:カポ4のところ、カポ3で歌ってしまいました。本人気づかず orz

ギターコードはこちらから
SACHIKO/ばんばひろふみ

 

 

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!

昭和の歌物語を紡ごう~平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで大声で話したり笑ったりしていることもあるものです。

前田はこれが嫌なので、知り合いが出るとき以外はあまりライブハウスには行きませんし、出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!昭和の歌物語を紡ごう!平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで
大声で話したり笑ったりしているものです。

前田はこれが嫌なので、あまりライブハウスには行きませんし、
出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スポンサーリンク
80sライブ・本番
スポンサーリンク
80s-vocalistをフォローする
ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました