PR

セクシャルバイオレットNO1を歌うには

70s
記事内に広告が含まれています。

セクシャルバイオレットNO1

桑名正博

1979年発表、自身唯一のオリコンNO1曲。

松本隆-筒美京平作品。

 

カネボウ化粧品のCMタイアップ曲で、
「セクシャルバイオレットNO1」というフレーズが
あらかじめ決まっていたとか。

作詞の松本氏は、ダサいフレーズは歌詞に入れたくなかったらしいが、
いい歌詞が浮かばず、開き直ってこのフレーズを連呼したそうだ(笑)

参考:1979年の歌謡曲 スージー鈴木著 P78~9 より

 

さて、この著者によると、「セクシャルバイオレットNO1」は、
松本隆-筒美京平作品の「哀愁トゥナイト」と比べると、
広告的制約によって佳作の域になるという。

実はマエダは哀愁トゥナイトは知らなかったので
youtubeで見てみた。

(セクシャルバイオレットNO1も収録されています)

なるほど、カッコイイ!

さてしかし、これらをギター弾き語りで歌うとしたら、どうだろうか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギター弾き語りかアコギ弾き語りか

楽譜はこちら
セクシャルバイオレットNo.1/桑名 正博

 

マエダは先日、ピアノとギターで「セクシャルバイオレットNO1」を演奏した。

バンドの曲でも、「セクシャルバイオレットNO1」はギター1本で歌えるであろう。
「哀愁トゥナイト」はやったことがないのだが、できないこともなさそうだ。

 

ただこの場合、ギター弾き語り、というより、
アコギ弾き語り、のほうがしっくりくる。

そう、優しくギターをつま弾いて歌う、というより、
ギターをかき鳴らして歌う!叫ぶ!―だろう。

 

参考:マエダの大好きな世良公則さんがアコギで歌うように、だ。

 

どう弾き語るか

で、哀愁トゥナイトは、バンドであれ弾き語りであれ、
歌うにはかなり難しい、と思う。

中低音の早口目の「語り」部分が多いのだ。

リズムに乗って、歌詞をキチンと届けてサビに持っていく―

なかなかにチャレンジのし甲斐がある曲だ。

今度歌ってみよう。

 

さて一方、セクシャルバイオレットNO1―

広告タイアップ曲だからであろう、かなり歌いやすく、
しかもノリがあってカッコよく決められる曲である。

ギターはAメロは8ビートのベース刻みで弾き歌い、
Bメロ・さびや展開などはストロークでかき鳴らし歌う。

 

歌は、出だしの「薄い生麻に 乱れた女は~」、
低音部からの歌いだしなので、
のどを閉めずに身体を開いて歌うようにしないと、
何を言っているかわからないし、メロディもハマらない。

展開部「情熱の赤、哀愁の青~~・・・」は、
ギターのリズムを決めながら歌うと、ホントカッコよく気持ちいい!

歌詞をきちんとリズムにのせ、走らないように、発語に気をつけて歌おう。

 

全体的に、艶っぽく、オトコのイロケが出るように歌いたい。

マエダは無理だったが(笑)

諸氏の検討を祈る(^^♪

セクシャルバイオレットNo.1/桑名 正博

 

関連曲:ギターコード
月のあかり / 桑名 正博

 

 

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!

昭和の歌物語を紡ごう~平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで大声で話したり笑ったりしていることもあるものです。

前田はこれが嫌なので、知り合いが出るとき以外はあまりライブハウスには行きませんし、出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!昭和の歌物語を紡ごう!平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで
大声で話したり笑ったりしているものです。

前田はこれが嫌なので、あまりライブハウスには行きませんし、
出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スポンサーリンク
70sライブ・本番
スポンサーリンク
80s-vocalistをフォローする
ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました