Pretender をギターで弾き語った

Pretender 楽譜はこちらから
Pretender(Official髭男dism) /ギター弾き語り 初~中級

めちゃくちゃ久々の更新です(笑)
何とか息をしておりますよ~~!

楽曲の個人的感想

アレンジがよくできている、秀逸な曲である。
間奏など、ギターソロでなくキーボードソロでしかあり得ないだろ、
といっていいほど心地よい。
ほか、曲中のところどころに入っている細かい音のアレンジもカッコいい。

歌のハモリも、ワウワウとボイスチェンジャー(?)していて、
何と心地よく響くことか♪

特に、ボーカルのビブラートを一切かけていない、
ストレートなロングトーンと絶妙に合う。

さあ、では、バンドでなく弾き語りで弾くにはどう処理したものだろうか?

ギターを弾いてみよう

カポ1:G

全般に使用しているコードに難しいものはないし、
コード進行も、ある程度の楽曲コピー経験があれば
まあよくあるパターンと気づくだろう。

だが、Bメロ・さびで、
分数コードなどリズムと合わせるのが大変なコードチェンジがある。
これがこの曲のギター伴奏の難易度を高くしている。

特にBメロ。
「もっと違う設定で~」先、リズムや一部コード押さえがムズカシイ。
前田は、歌いながらできなかった(笑)

弾き語り中上級者はその難しいことにチャレンジをしていただくとして(笑)、
初級者は、基本となるコードの進行で歌えばよい。

つまり、分数コードなど、経過音・導音(?)のコードは省くのだ。

例えば、

CM7    B7  D#dim Em Dm7 G CM7
もっと違う設定で     |もっと違う関係で で |(会える~

ここは、

CM7 ― B7 - Em ― Dm7 ― CM7 ― B7 ― Em ― Dm7 ・・・

を基本に歌えばよい。

正確にはこの間に、D#dim やら G やら C#m7(♭5)(押さえはdim形)が挿入されている。
リクツでいうと、経過音とか、ルート音にない音をスムーズにつなげるため等、
と推察する。

Bメロもサビも、こういう難しいところは省いて歌っても支障はないので、
初中級者はまず「弾きながら歌えること」を優先して弾いてみよう!

ちなみに、

Em ― Dm7 ― CM7 ― B7

と、1音ずつ下がっていることにお気づきだろうか。

こういうところに気がつけば、コード進行を覚えるのも早くなる(^^♪

歌ってみよう!

原曲はとにかく高い!

楽譜だとカポ1:Gだが、カポなしGでも高い(笑)
無理せず、ご自身にあったキーで歌おう。

さて、この曲を弾き語るには、
リズムに乗った細かいメロディの軽やかな歌いまわしが肝である、
と思っている。

つまり、1拍の間の16~の音符やシンコペ・休符と、
リズム、メロディ・歌詞を絶妙に合わせる、ということだ。

前田がてこずり、苦労したところを少し挙げておこう。

◆Aメロは1番2番とも、後半の音程の跳躍が難関。

例:君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを~・・・
飛行機の窓から見下ろした~・・・

◆Bメロ:ほぼ全部苦労した(笑)

例:選べたらよかった の「た」は音程が半音上がっているので、
ここの下りメロディは、この半音に気をつけよう。

◆サビ

例:(君の運命の)人はぼくじゃない~・・・
→譜点音符があるので、ここを軽やかに、重々しく歌わないほうがよい。

例:(触れただけで)イタイや いや でも 甘いな いやいや (グッバイ) ・・・
→ 裏、表のリズムに気をつける。

歌うまとめ

この曲は歌詞(ことば)をきちんと届けようと、
はっきり言いすぎても、つまり歌いあげすぎても、
言葉が重々しくなって、メロディに乗って前に流れない、
つまり進行しない。

歌いあげすぎず、リズムに乗って軽やかにステップを踏むように歌おう。

では、かく云う前田の、速すぎるリズムで歌っている動画をご覧いただこう。

お耳汚しをご容赦ください(笑)