80s 大好きな彩恵津子さん

このブログのぬしこと前田は
大学2年の夏休み、有線放送のレコードかけのバイトをしたことがある。

契約しているお店からのリクエストに応じて、
その曲をかけるのだ。

今はどうか知らないが、時はレコードの時代。
あともう少し後にCDの波が押し寄せる頃だった。

レコードのターンテーブルが2台となり合っていて、
一つが終わると、次のレコードがかかる、
といった仕組み。

1曲終わって、次の曲がかかっている間に
もう1台のターンテーブルに次のレコードを用意しておく、
というわけだ。

そのバイト中に気に入った歌手の曲をカセットテープに録音、
夜寝る前や車で実家に帰る時などによく聞いていた。

その時の膨大なレコードの中から知った女性ボーカリストが

彩恵津子さん

1984年デビューらしいので、その当時だったろう。
今はどうしておられるのか、ちょっとわからない。

さて、のちになって、CDが復刻(?)されていたのを見つけ早速購入した。
今でも事あるたびに聴いている、思い出の1枚である。

クレジットを見ると、作曲者に織田哲郎さんの名がある。
あと、つのだひろさんとかw

ちなみに、織田哲郎さんがちらほら売れだした頃でもある。

スポンサーリンク
弾き語り弾き合い会お申込みはこちらからどうぞ
春日部豊春のギター弾き語りならあんぷらぐど弾き語り倶楽部へ。紳士淑女が永遠の少年少女に還る時、それがあんぷらぐど弾き合い会

聴きやすい上質のポップス

曲調はさほど凝ったものではないが、
聴きやすく、心地よい音楽になっている。

なにより前田は彼女の「声」が好きである!

なんと表現すればよいのだろうか、
言葉で表すワインの表現の仕方でも習っておけばよかった(笑)

心地よい声、癒しの声、、、

う~ん、語彙が少なすぎる。

ピアノ弾き語りでも生で聴いたら、
きっと昇天してしまうのではないかと思う(笑)

ありがとうございます! 共有させていただきます!

アマゾン・レビューが秀逸。
是非読んでください!

その彩恵津子さん、
大学2年の時の学園祭で、なんとライブをしに来たのだ!

が、見に行かなかった。

あああ、行っときゃヨカッタ(笑)