セカンド楽器に♪ ギターとセッション!

ギター弾き語り~恋の大予言 フィンガー5

フィンガー5

ぬしこと前田の原点といえるかもしれない。

アキラにあこがれ、小学生高学年時に長髪にし、
「あれオトコ?オンナ?」
と女子に言われたこともある(笑)

サングラスはしなかったけどw

さて、去る2月23日に、ぬしこと前田のバースデイライブをあんぷらぐどにて開催した。

その1曲目がこれ、「恋の大予言」

で、今日(こんにち)、このフィンガー5を改めてyoutubeで見てみると、
なかなかにすばらしい!

振り付けも凝っている。

・・・当時は振り付けなど気にもしなかったw

余談ですが、ああいう風に踊ってみたい、
と感じた人は歌って踊れるダンサー系になるのでしょうな。

キーを合わせる

当時アキラくんはボーイズ・ソプラノだったので、
50過ぎのオッサンが歌うとなるとキー合わせが大変である。

弾き語り諸氏もご自身にあったキーを探してほしい。

譜面ではE♭、
ぬしこと前田はCで歌った。

前田はキーが高めで歌えるが、
それでも若干高音部がきついので、
A前後あたり、カポでGが歌いやすいだろう。

リズムを捉える

ギター一本弾き語りで歌うなら、
リズムで「ノリ」をいかに出すか、がキモになる。

頭の中でホーンセクションやパーカッションの音を再現しながら
8や16を織り交ぜてのリズムを基本に、
上手に歯切れよくカッティングしよう。

ギターはリズム楽器でもあり、
この曲はファンクであると心得るべし!

メロディをつかむ

音域は1オクターブちょっとほど。
難しい節回しは、楽しく歌うにはまあないといえる。

呪文部分は16である。

原曲は思ったより速くなく、
余裕をもって歌えるはず。

が、モタらないように注意。

呪文は暗譜で歌いたいところ。
ぜひチャレンジして欲しい。

ハーモニーを付ける

Aメロ、Bメロも、リズムの8や16のメロディ。

基本の強弱に気をつけて歌わないと、
ノペーとしてしまう。

ここでギターの「カッティングとのハーモニー」が重要になる。

 このリズムに乗ってこんな風に歌いたい!

ギター伴奏の音の上にメロディ、
つまり歌詞・歌い手の声をのっけるのだ。
波に乗っているサーファーのように。

ここは気を配るべし!

歌詞を読みこむ

で、フィンガー5といえば、妙子ちゃん♪

妙子ちゃんパートをギター一本一人で歌うにはどうすればよいか?

答えは・・・

一人で演じ分けるのである。
落語家のように(^^♪

不思議なもので、演じ分けようとすると、
声の出し方まで変わってくる。

「そのキャラクターに合った声・しゃべり方」になるのだ!

・・・ま、動画を見てもらえばわかるが、
練習時のように歌い分けられなかったん(恥照)

ではここで課題です。

「♪私も呪文を覚えたい
あなたでない子にかけたいわ」

キッツいでしょ、このセリフ(笑)
これを受けての

「ぼくの呪文にかかったらそれはできないさ」

は、どう歌えばいいと思う?

余裕で受け流すか、ええええ~~~とばかりに落ち込んだ風に歌うか

etcetc

諸氏の解釈は如何(^^♪

晃君は、元気に音楽活動中のようです。

うれしい!