PR

基本は原曲を聴く!

70s
記事内に広告が含まれています。

2017年10月15日(日)、ピアノとコラボ第3弾コンサート、
昭和女性歌手特集!

ビデオの調子が悪く、前半しか映像に残せませんでした(泣)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全力で歌わない??

けっこう抑えて歌っています。
前田の癖は、力で押して歌ってしまうこと。

そこをこらえ、「音の粒」が一定に、歌詞が聴きとりやすいように、
しゃべるように歌うことを心がけています。

まだまだ心がけレベルですけど(笑)

 

キーを変え、歌い始めをDm₇で

ギターはカポしたり、コードを変えることは、まあ、すこしはカンタンにできますけど
ピアノさんはキーを変えることが苦手な人も多いです。
今回のピアニストOさんは、対応可能なのでキーを変えています。

 

アレンジはかなり簡略してあります。
原曲のイメージはギターとピアノでは難しいので。

ピアニストがクラシックの方なので、
なかなか伴奏イメージがわかないようです。
イントロ、間奏など、歌部分とは違うコードで、かなり面食らっていましたね(笑)

 

で、岩崎宏美さんの
Dear Friends V 収録の真夜中のドアも参考にしました。

これすごいですよ!
八神純子さんやバブルガムブラザーズバンドが演奏しています。
必聴!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dear Friends 5 [ 岩崎宏美 ]
価格:2476円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)

 

 

あと、この方のイメージをかなり参考にしました。
ギター弾き語りならこっちがおすすめ!
でもこの感じで歌いながらギターは難しいかもしれませんが(笑)
SAMEO / 真夜中のドア

 

 

原曲のギターはこちらが参考になります。

 

関連記事はこちら
真夜中のドア~いろいろな人の動画を集めました
http://hikikatari.club/2017/01/25/post-622/

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松原みき ベスト・コレクション [ 松原みき ]
価格:2028円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)

 

楽譜はこちら⇒ 真夜中のドア Stay With Me / 松原 みき

 

・松原みき

1979年11月5日にファーストシングル「真夜中のドア~Stay With Me」でデビュー。
真夜中のドア~Stay With Me (4’34”)
作詞:三浦徳子/作曲:林哲司/編曲:林哲司

1959年大阪府岸和田市生まれ
2001年にがんを告知され、すべての音楽活動を休止し闘病生活を送っていた。
2004年10月7日、子宮頸癌のため44歳で死去。
参考:ウイキペディア

 

 

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!

昭和の歌物語を紡ごう~平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで大声で話したり笑ったりしていることもあるものです。

前田はこれが嫌なので、知り合いが出るとき以外はあまりライブハウスには行きませんし、出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!昭和の歌物語を紡ごう!平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで
大声で話したり笑ったりしているものです。

前田はこれが嫌なので、あまりライブハウスには行きませんし、
出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スポンサーリンク
70sライブ・本番
スポンサーリンク
80s-vocalistをフォローする
ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました