【弾き語りの発声】芯のある高い声を出すには?

スポンサーリンク
弾き語り大




仕組みから知り、実践へ

高音で力強く芯のある音を出すにはどうしたらよいか?

という悩み・疑問は歌い手なら誰もが思うことでしょう。

これは、呼吸や共鳴に対する知識でその認識を育み、
実践によって手に入れることができます。

つまり、時間がかかるということです(笑)

長い道のりですが、アスリートのように日々の訓練・練習で
あなたの才能を最大限伸ばしていきましょう!

高音の出る仕組み

声帯の張り(テンション)が強いと高音が出ます。

声帯の張りが強い状態で、
声帯を引き伸ばすことができれば高音は出るのです。

ギターの弦を張るのと同じ理屈ですね。

が、声帯はそれ自体で伸縮することできないので、
声帯周りの筋力が弱いと高音が出ません。

高音を出すためには、
声帯を引っ張る筋肉(内喉頭筋)のトレーニングが必要です。

am500_pe031

声帯を傷めずに高音を出すには?

地声で高い音を出そうとすると、
声帯が伸びていない状態なので、
空気をたくさん送って振動させようとします。

そうすると喉を締め付け傷めやすくなりますので、
鼻腔で鳴らすように歌います。

また、いわゆる首に「青筋立てて」あごを上げたり、
ひき絞るように声を出そうとする人は多いです。

高い音は声帯を伸ばさなくてはなりません。

ですのでのどぼとけを下げて、
声帯を伸ばすスペースを作るのです。

高い音は、高くなるほど口を開き、
喉の奥を開けていけば、出やすくなります。

ここでよく言われるのが、
「あくびをするようにのどの奥を開ける」です。

実際、この状態でやや高めのあなたの出やすい音で
「あ~~」と声を出してみてください。

楽に出ませんか?

口の奥のほうに空間を作ることを意識し、
身体の力を「脱力」して(おなかの支えは保ったまま)
重心を下に持ってくるように歌いましょう。

これは、正直言って難しいです。
弾き語りライブで自由自在に使いこなすまでは
かなりの時間と練習量が必要です。

慌てず焦らずじっくり取り組んでいきましょう!

参照:こちらも併せてお読みください。
【共鳴・響き】弾き語りで心地よい「いい声」で歌うには

【共鳴・響き】弾き語りで心地よい「いい声」で歌うには
【共鳴・響き】心地よい「いい声」で歌うには 声の響きと音色 歌い手は、自分の身体が楽器です。 いかにして身体を響かせることができる...

【チェンジ】
最大の難所!~「喚声点」で声をひっくり返さないために

発声最大の難所!~「喚声点」で「ミックス・ボイス」を身につける
音の高さを変える仕組み 【声帯と筋肉】 声帯はそれ自体で伸びたり縮んだりできません。 周りの筋肉によって、それが可能になります...

参考【中低音の響かせ方】

低音は声帯がリラックスした状態、
つまり緩んだ状態の時に出すことができます。

声帯の張力を弱くするために、
声帯周辺の筋肉をできるだけ脱力させた状態で
発音することが低音を出すときのコツ。

かつ、低音を響かせるため、身体をよく共鳴させること。

併せて読もう!弾き語りに役立つ発声理論の基礎知識をまとめてあります

今すぐクリック♪◆発声知識の基礎 初級~上級

発声理論の基礎知識
カラオケ・マスターへの道 弾き語りで歌いたい・ 初めてバンドでボーカルをする人のための発声知識基礎入門! このページ下部より、...