ギターで「また逢う日まで」をみんなで歌った!

尾崎紀世彦

楽譜はこちら⇒ また逢う日まで / 尾崎 紀世彦 ギターコード

『ウルトラセブン』の主題歌・挿入歌も担当。
主題歌冒頭で連呼される、3番目の「セブン〜♪」が
尾崎の声である

2枚目のシングル「また逢う日まで」が売り上げ100万枚を突破、
第13回日本レコード大賞大賞と第2回日本歌謡大賞大賞をダブル受賞する。

2012年5月30日、肝臓癌のため東京都内の病院で死去。69歳没。

ウイキペディアより引用

スポンサーリンク
弾き語り大




音域は実は思ってたより低い

さて、この曲の歌いだしの音は下の「シ」である。
最高音は上の「レ」

実は歌いだしがかなり低い!
ここを響かせて歌うのは大変である。

低音を出そうと力んで、ちからまかせに声を出しがちだが、
そうすると案外前に声が飛ばず、口元だけでこもったようになる。

あまり大量の息をちからまかせに送らないで低音を響かす、
と先生が言っていたような気がする。

低音というのはパワーがあるらしく、
例えば、ピアノの低音部は迫力あるし、
ベースなども周りの音にかき消されず響いているものだ。

なので、あまり力を込めて歌わなくても、
聴こえるものかもしれない。

さびの高音部は、

ラ から レ
ファ から シ

など、いきなり音が飛んでいるので、
ここを注意すればよいだろう。

キーはD。

Dの曲でよく出で来るパターンのコードである。

D Em A7 F#7 Bm G ほか

まずはミミコピしてみよう!

高音がきつく、低音が得意なら、
Dから1音下げてCでも弾きやすいだろう。

楽譜はこちら⇒ また逢う日まで / 尾崎 紀世彦 ギターコード

歌詞を理解する

歌はやはり、歌詞を理解しなければ、
聴き手に情景が届かない。

弾き語り上級者は、ここを目指そう!

1971.3.5 昭和46年

歌:尾崎紀世彦 作詞:阿久悠 作曲:筒美京平

また逢う日まで逢える時まで
別れのそのわけは話したくない
なぜかさみしいだけ
なぜかむなしいだけ
たがいに傷つきすべてをなくすから
ふたりでドアをしめて
ふたりで名前消して
その時心は何かを話すだろう

また逢う日まで逢える時まで
あなたは何処にいて何をしてるの
それは知りたくない
それはききたくない
たがいに気づかい昨日にもどるから

※ふたりでドアをしめて
ふたりで名前消して
その時心は何かを話すだろう※

(※くりかえし)

また逢う日まで 前田