星空のディスタンス:アルフィー を歌ってみた

アルフィー 星空のディスタンス を歌ってみた

1984年、TBS系 無邪気な関係 ドラマ主題歌。

メリーアンでブレイクしたといっていいであろうか、
それに続く曲。

あまりアルフィーに詳しくないのだが(笑)、
研ナオコのバックバンドをやっていたり、
この曲の前はフォーク調の曲が多かったり、
という記憶がある。定かではないwww

スポンサーリンク
弾き語り大




ザ・ベストテン

メリーアン、星空のディスタンスは、
もう何といっても「ベストテン」である。

よく見ていたものだなあ。。。

が、しかし、記憶に残っているのは、ベストテン特集番組で、
当時のVTR(懐かしい言葉だwww)を何度も見ているからであろう。

リアルタイムで見て覚えているのは、
実はあまりない。

アラ・フィフオヤジ殿、どんな思いでがありますか??
懐かしもう(笑)

この項、ベストテンを語るものではないので
これくらいにして(笑)

歌うコツ~星空のディスタンス

楽譜はこちら⇒ 星空のディスタンス / THE ALFEE

音域

Key:Bm

とにかく高い!!
しかも最後1音上がるし。

Bm → Cm

桜井さんよく出してたものだ。

なので、無理せず

Am か Gm

あたりで試していいだろう。

メロディと歌詞との関係

で、音域が高いところを除けば、
楽譜を見ると1小節に音符が少なく、
上下の変動もあまり多くないので
メロディはそれほど難しくない。

実際歌ってみると
メロディと相まって、歌いにくいというところがない。

これ、歌詞が秀逸ではないだろうか?

歌詞は高見沢さんと高橋研さんという方。
じっくり練ったのではないか、という気がする。

リズム

が、そうなるとえてして
ざーっと流して歌いがちになるものだ。

なので、リズム感を出すためにも、
歌がのぺ~~~っと単調にならないためにも、

休符を意識すべし!

休符というのは、「休め」ではない。
ただ音がないだけ

とピアノの先生に教わった。

音がなくても、音は先に進んでいる。
休符の先の音に続いているのだ。

休符を意識するかしないかで、
初級者と上級者の違いが出る一つの目安となる。

ギターで弾き語るコツ

歌うために、音をとるために、
ギターがあるのではない。

ギターという楽器と、自分の声という楽器、
つまり歌とが、きちんとハーモニーとして溶け込んでいなければ、
それは音楽といえない―

―と歌の先生に言われている。

これが自然とできる弾き語りミュージシャンが、
「プロ」であろう。

上級者はここを目指そう!

そのためのコツは、ギターの音をよく聴くこと。

コードの、その和音の「響き」をよく聴いて、
それにメロディを、自分の声をのっける、というイメージだ。

ストローク

アレンジがバンドのロック調だが、
アコギ1本で弾いてみると、、、

案外フォーク調である。
8ビートの上下ストロークが基本で十分弾ける。

ただこれだとあまりに単調になるので、
シンコペーションを意識したり、
ところどころ6,5弦のみのきざみを入れたり、、、

♪5hundredmiles 君に遠すぎて~

とかドラムに合わせたカッティング、「決め」を付ければ
さらにカッコよくなる。

もうちょっと練習したら(笑)、動画アップしたいな!

歌うコツまとめ

前田の場合、下記の後半部分が呼吸と身体の準備をきちんとしないと
声がポーンと抜けて出ない。

・さよならは ただ一度の
・夜が来て  また心は
・あの時の  君の瞳
・泣いている 叫んでいる
・あの街へ  駆け抜けろ

で、、、

自身の歌いやすいキーを見つけられれば歌いやすい反面、
高音部が多いので、声を張り上げて最初から最後までいってしまう、
となりやすい。

これでは単調になってしまう。

強弱をつけよう!

ここは強く、ここは弱めに、、、

例えば上記の

♪さよならは ただ一度の 過ちなのか

なら、

♪ただ一度の(強く) 過ちなのか(弱く)

といった具合だ。

また、ご自身で「ここだけは気持ちを込めたい!!」
という歌詞を見つけて、そこに集中、
他の部分はそれを引き立てるためにある!

くらいの意気込みで、曲を構成しよう!

自分なりに曲を解釈・構成する―

それが弾き語りの達人への道、弾き語りの守破離なのだ!

楽譜はこちら⇒ 星空のディスタンス / THE ALFEE

解説

[A]5~6小節目は1拍半のリズムで後のコードが前にクう。このクうストロークにアクセントをつけて弾こう。7小節目の最後も同様だ。[B]1~2小節目のG→AonGでは、6弦3フレットのG音が持続している感じが出るように。11~12小節目のD→AonC#→Bmではベースが4弦開放→5弦4フレット→5弦2フレットと落ちる感じを出そう。(採譜・解説/中村徹郎)

引用:ぷりんと楽譜

※楽譜は、歌詞とコード譜だけより、メロディだけでも載っている譜面がおすすめ!

リズムが速いです^^

参考

ミセスロビンソン 坂崎幸之助、桜井賢

「サウンド・オブ・サイレンス」山本潤子、坂崎幸之助、吉川忠英