セカンド楽器に♪ ギターとセッション!

【発声】歌は呼吸が8割!

歌は呼吸が8割

歌は呼吸が8割といわれています。
息は鼻から吸うのが基本です。

いっぺんにたくさん、思いっきり吸おうとしないで大丈夫です。
吸った息をお腹に落として、左右に膨らませるイメージです。

吸いすぎて苦しくなるまで思い切り吸ってしまうと、
苦しいから楽になろうと一気に息を吐き切ってしまい、
歌唱には何の役にも立ちません(笑)

また、歌においては、息を吸うことよりも吐くことが大事になります。

吐いた息で歌を歌っていくわけですので、

どれだけ息を吐き続けることができるか

が大切になります。

強く吐きすぎてアッという間に息が続かなくなったりすると、
歌が止まります。

「歌が止まる」ということは、
その曲の「すべて」が止まるということです。

pic_b007

胸式呼吸

肩を上下させて呼吸する方法。

人の身体は吸気の時に緊張し呼気の時にリラックスします。

胸式呼吸では、肩が上下する動作が筋肉の固さを生み、
体の狭い範囲しか使わない・
無駄に力を使う、力んでしまう場合がある、

といった発声・歌唱上の難点があります。

特に、歌うための息をコントロールするのが難しいため、
歌唱時には使いません。

筆者ことあんぷらぐどぬしがボイトレを受けると、

ブレスの時に肩をあげない、

と先生からよく注意されますね。

吐く息のコントロールが悪くて、
歌っていて息が続かなくなって
呼吸に余裕がなくなると、
知らず知らずのうちに、ブレス時に肩が上がってしまうのです。

上手に息を吐き切ってみると、自然におなかに息が入ってきます。
つまり歌唱時に息をコントルールしている場合、肩は上がりません。

ではどうすれば息をコントロールできるのか?

続きはこちらで!初級編

腹式呼吸と支え
http://hikikatari.club/2016/03/13/post-176/

声の出る仕組み
http://hikikatari.club/2016/03/12/post-139/