PR

弾き語りの「守破離」とは?

MLNレター
記事内に広告が含まれています。

お世話さまです、前田です。

令和5年も早あとわずか。
ワタクシメも年内にやることはほぼ決まり、
心は早くも来年令和6年(2024)に向かっております。

1年の計は元旦にありと申しますが、
皆さまはどんな抱負をお考えですか(^^♪

みんなで一緒に書初めしましょうか、小学生みたいに(笑)
こんな会話が目に浮かびますよね。

「ぬし君、お上手~~!」
「やあまだ君、、、(むごすぎて以下略)」

さあ、今号も張りきって参りましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆12/17 1/21 のお知らせ

さあ早くも来週に迫ってまいりました、
本年最後の弾き合い会!

12/17(日)14時スタートです。
リハ時間は15日夜にお知らせしますね。

参加者:
風和里さん
グッチさん
Ohgさん
やあまだ君
よっちゃんさん

入荷予定曲:
アーユーレディ 斉藤和義
嵐の季節 甲斐バンド
ブルーレター 甲斐バンド
シクラメンのかほり/布施明
青春時代/アリス
糸/中島みゆき
from room to room /渡辺真知子
best of my love/杉真理
ほか

曲名が決まりましたらお知らせくださいませ。

◇1/21 満員御礼

参加者:
森埜猩猩(もりのしょうじょう)さん(男性・初)
シュンさん&女性ボーカル(初)・ユニット
やあまだ君
バーディこばやしさん
島崎さん

ありがとうございます~~~!!

次回エントリーは2/18 となります!

◆明日のために弾き語り心得帳

自分の声で歌っているか?
好きなボーカリストの物まねで歌っていないか?
いずれ離れる時が来ると心得よ。
それが弾き語り歌道・守破離である。

【解説】

好きな曲や好きな歌手の歌を歌っていると、
ついつい「その人のように歌いたがる」ものです。

その人の歌唱イメージが頭にあるため、
どうしても似せようとしてしまうきらいがあるのですね。

「学びは真似び」というように、
マネから入ることはとても有効です。

が!

そこにはやはり落とし穴があり、
中級者以上になってきたら気をつけねばなりませン。

落とし穴とは?

長所の裏には短所あり。
マネの落とし穴は―

「その歌い手のように歌うことで、
あなたの良さがかき消されてしまう」

ということなのです。

歌い手にはその人独特の「歌いまわし」というものがあります。
その歌い手が歌うと、その歌声がとても心地よく美しく響くものです。

が、それをあなたが「マネ」すると―

ちょっと待って
プレイバック、プレイバック
今の歌声
プレイバック
(休符)プレイバック

ということが起こります((笑))

例えばマエダの例で云うと、、、

中島みゆきを歌ってみた

以前、ギターのYさんと中島みゆきさんの「わかれうた」を演奏しました。

ご存知の通り中島みゆきさんには独特の歌い方があります。
これを完全にコピーしようとすると、
マエダの良さがかき消される場合があります。

歌の師匠にもよくいわれました。

「歌い手のイメージがあるのでしょうけど、
そう歌うことがマエダさんにとって
よい発声か、よい歌唱か、ということは別ですから」

中島みゆき「らしく歌うこと」が、マエダの歌に「活きて」いるのか?

・・・うむ、それはまた別問題ですね。

「らしく歌う」ことが、あなたの歌に活きるのなら、
それはとても素晴らしいことです。

しかし、そこに次の問題が出てきます。

では、あなた「だけ」の「歌」って、どこにあるの?

つまりは「オリジナリティ」ですね。

で、もう1曲、中島みゆきさんの「銀の龍の背に乗って」を
歌ったことがあります。

こちらは原曲を全く聴かずに、師匠と楽譜を見ながら、
メロディの音を一つずつ拾っていきました。

ご本人がどう歌っているのかは全く存知あげないですから、
いきおいマエダの発声・歌唱で歌うことになります。

ですので、みゆきのコピーではなく、
マエダのみゆきカバーといえるでしょうか。

出来上がりは、マエダ本人は「あちゃー」というところもあるのですが、
師匠は気に入っているようです。

おそらく、上述の、みゆきのマネではなく、
マエダらしい歌、に仕上げることができたからではないでしょうか。

守破離とは?

ネットで調べてみると、守破離とは下記になります。

以下引用:

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、
良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、
独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

徹底した稽古は真の格を体得する〈守格〉であるが,
名人となれば形式をくずし自由に演じ〈破格〉をめざすべきだ,
と能楽などで論じている。
同義に近い言葉として〈守破離〉がある。【熊倉 功夫】

以上引用:改行マエダ

誰かの真似することは、「守」にあたります。

色々な楽曲・歌手を歌うことは、「守」の蓄積であり、
壁にぶち当たりながら「破」に向かう道です。

そして、「コピーからカバー」へ、
自分らしく歌う道を歩み始める時、
それが「離」といえるでしょう。

自分らしく歌う、ということが弾き語り歌道のゴールの一つなら、
自分らしく歌うために、たくさんの人の曲を歌いこなす、
ということも、ゴールへと向かう道の一つですね。

弾き語り歌道、奥が深いですぞ(^^♪
その探求にはぜひ弾き合い会をご利用くださいな!

あ、弾き語り忘備録メモ改め、心得帳と改題しました。
なぜなら、vol.???になってしまったからです((笑))

◆編集後記

さてワタクシメ、来年の方針はもうすでに決まっております。

書初めをするなら、こう書きまする~~(^^♪

「初心に帰る」

こう方針が決まると、
マエダにとって12月は来年に向けての助走期間。
初心を思いだしながら、令和6年に向けて、
皆さまと一緒に走り抜けていきますよ~~

ではでは今日はこの辺で。
ではではまたまたまた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HP:

あんぷらぐど弾き語り倶楽部へようこそ!~春日部岩槻方面豊春で弾き語りをもっと楽しむならあんぷらぐどへ!
春日部岩槻方面豊春の初中級者のためのギター弾き語りを楽しむあんぷらぐど弾き語り倶楽部です。弾き語りギターオヤジ祭りや弾き合い会など、もっともっとギター/ピアノ弾き語りを楽しもう!

ブログ:

ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部 | 奥深き弾き語りの世界へようこそ!

◆弾き合い会参加者特典:

◇ミニ・ライブ参加権付与

【お申込みした日程の弾き合い会までの期間】
◇弾き合い会参加者◇
1)貸練習室としてご利用できます。
一人利用通常1320円/1h → 990円/1h
2~4人利用通常計1815円/1h → 1320円
(2人なら1時間当たり一人660円)

詳しくは

1〜3名様専用・春日部豊春の緑と木のぬくもりでいっぱいの'音楽の里' ピアノ練習室ならピアノ・アコースティックスタジオ あんぷらぐどへ
春日部岩槻方面豊春のピアノ練習なら!貸ピアノ・アコースティックスタジオあんぷらぐどです。本番合わせ、発表会・コンクール・受験、結婚式・2次会などイベントの練習等でご利用いただいております。弾き語り、ピアノ個人練習、ピアノと弦・声楽合わせなど...

2)前田のボイトレ/
弾き語りボーカル力強化レッスン
2530円以上/1h →1980円/1h

◆前田のボイトレ等受講生◆
【参加予定の弾き合い会日程のひと月内にレッスン受講が前提】
弾き合い会参加費 2200円 →1650円

◆メーリングリスト配信に関して

【注意事項】
メーリングリストで配信されたメールに返信しても、
ご自身のメールアドレスは公開されません。

【リスト加入】

新規様を増やしていきたいです。
メーリングリストに興味のある方がいれば、お知らせください。

【配信頻度・内容】

☆ニュースレター:原則毎週(日)
・弾き合い会等イベント開催のお知らせ
・音楽情報
・弾き語り用ギター&発声の基礎講座
etc

【交流】

みなさまからもライブの告知等何かありましたら、
お気軽にご利用ください。

【退会】
前田宛にご連絡くださいませ

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!

昭和の歌物語を紡ごう~平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで大声で話したり笑ったりしていることもあるものです。

前田はこれが嫌なので、知り合いが出るとき以外はあまりライブハウスには行きませんし、出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!昭和の歌物語を紡ごう!平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで
大声で話したり笑ったりしているものです。

前田はこれが嫌なので、あまりライブハウスには行きませんし、
出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スポンサーリンク
MLNレター
スポンサーリンク
80s-vocalistをフォローする
ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました