セカンド楽器に♪ ギターとセッション!

弾き語りボーカル上級者へのステップ

ある女性が、安全地帯のことを「あんち」といってました。
安地、という略語であることに気が付くまで、しばらくかかりましたわ(笑)

さて、この曲もいい曲です。
歌っていて気持ちも昂ります。

しかし、ここが落とし穴!

ただ歌っているだけの自己満に終わります。
自分が気持ちよく歌っているだけで、聴き手に何も伝わりませン。

なぜなら、そこに「意図」がないから。

この曲をこう歌おう
この曲の肝は何か?
この言葉(歌詞)をこうメロディに乗せたい―

これをきちんと決めると、
ホントに表現が変わります。

「ただ歌っているだけ」が、「あ、何かいい!」に変わる。

これ、大事ですよ。

また、発声も落ち着きます。

発声の基礎に基づいて、「上手」に歌おうとすると、
「歌を届ける」というよりも、
美声を聴かせたい、みたいな腕自慢になりやすいし、
「いい声を保つ」方に意識が行きすぎて、
逆に歌いにくくなります。

いい声で歌おうとか、腹式呼吸で口の中を大きく開けてとか、
技術的なことはもちろん身につけておくことが望ましいですが、

肝心の歌をどう表現するか?

ここに思いをはせることが、弾き語り上級者へのステップですね(^^♪

歌いたい曲、その曲をどう「解釈」してうたうか、
それを決めるだけでも歌唱が変わるし、
歌っていて楽しいです。

ギターの弾き方も断然変わり、観客に伝わりやすい表現になります。

まずは歌詞を声に出して読むこと。
舞台のセリフのように抑揚をつけて読むのがコツです。

必ず一人でやってくださいね。
人がいたらできません、恥ずかしすぎる(笑)

以上、nushiの実例からお届けしました(笑)

春日部豊春の初心者のためのギター弾き語りワークショップ!弾き語りシンガーは「想い」がすべて。オーディエンスにアツいメッセージを届けよう!