PR

原田真二「てぃ-んずぶる-す」をカッコよく弾き語る!

70s
記事内に広告が含まれています。

原田真二さんといえば、
どうしてもこの3曲になってしまいます。

てぃ-んずぶる-す
キャンディ
シャドーボクサー

てぃ-んずぶる-すが1977年というから、
その後の2曲合わせると
ぬしこと前田が11~12歳、小6~中1くらいでしょうか。

テレビで見たというより、ラジオで聞いていた、という記憶が強い。
当時の歌謡曲とは何か違う、というのはこども心にも感じました。

当時はどれかといえばシャドーボクサーが好きでしたね。

今これら3曲を聴くと、
3曲とも違った趣で、甲乙つけがたい。

・・・ということで、今日は、てぃ-んずぶる-す。

歌い方の変化

この動画が当時の歌い方。
CDとか、なじみがある歌い方です。

原田真二/てぃ-んずぶる-す

 

↓こちらが2000年代~でしょうか。
年齢により、高音が出にくくなっているのでしょうが、
昔と同じオリジナル・キーで歌っています。

個人的にはこれはこれで、たいへんかっこいいと思います。

原田真二/てぃ-んずぶる-す~キャンディ~シャドーボクサー~OUR SONG

 

ボイトレの先生曰く、

「年をとると、歌うための筋肉が衰えてきます。
若い時は筋肉の反応も素早いのですが、
年をとったら、反応が遅くなるので、そのぶん、
身体の準備を若いころより早くしておかなければなりません」

前田も高音部は出にくくなってい・・・
・・・るというより、発声がまだまだなのでしょうけど^^

ギターでてぃ-んずぶる-すをどう歌うか

この曲は、ギター一本、弾き語りでも歌えます。

Dmaj7 で、やや高めの歌いだし音です。
ギターも、6 とか sus4 など細かい音が入るので、
ボーカルと考え合わせると中級者向きかな、と思います。

一音下げて、Cmaj7 でもいいでしょう。

都会派?シティー音楽??

・・・というのでしょうか、高音が出ないからといって
泥臭くシャウトする歌ではないですねw

 

で、この曲を自分らしくどう歌うか?
どうこの曲を解釈して歌うか?

つまり「表現」です。

ただ歌うだけでは、

「うん、お上手。で?」
「うん、頑張って歌っているね。さて次の曲は…」

なんて(笑)、次の曲が始まったら忘れ去られて
何にも印象に残らなかった、ということもあり得ます。

プロのコンサートやライブでは、
初めて聴く曲でも結構なん曲も覚えているものなのですよね。

自分の世界をどう表現するか?

これも前田の課題です^^

 

さあ、
初心者はコピーで、
中上級者以上は、カヴァーを目指せ!

 

無料楽譜はこちら
てぃ-んずぶる-す
⇒ http://gakufu.gakki.me/m/data/DT05937.html

てぃ-んずぶる-すを歌うための、
発声の基礎知識あれこれはこちらへ!

⇒ 中級

発声で高い声を出すには?~地声と裏声
http://hikikatari.club/2016/03/05/post-135/

弾き語りで芯のある高い声を出すには?
http://hikikatari.club/2016/03/17/post-196/

最大の難所!~「喚声点」で声をひっくり返さないために【声帯と筋肉】
http://hikikatari.club/2016/03/16/post-192/

 

 

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!

昭和の歌物語を紡ごう~平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで大声で話したり笑ったりしていることもあるものです。

前田はこれが嫌なので、知り合いが出るとき以外はあまりライブハウスには行きませんし、出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!昭和の歌物語を紡ごう!平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで
大声で話したり笑ったりしているものです。

前田はこれが嫌なので、あまりライブハウスには行きませんし、
出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スポンサーリンク
70s
スポンサーリンク
80s-vocalistをフォローする
ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました