PR

盛り上がりに欠ける歌い方!?

発声基礎知識・ボイトレ
記事内に広告が含まれています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

表現する~歌にメリハリを付けるには?

歌が一本調子だとか、のぺ―っとしている、
と悩んでいる人も多いです。

また、「こうじゃないと、歌っている気がしない!」とばかりに、
常に最大限マックスの大声で歌ってしまうため、
それ以上、変化のつけようがない歌い方になってしまう人もいます。

声を張るところと抜くところ、強弱をつけることが分からない・
意識したことがない、というのも原因の一つです。

まずは、下記を意識しましょう。

f(フォルテ)、 mf(メゾフォルテ)、 mp(メゾピアノ)、
<(クレッシェンド)、>(デクレッシェンド)

サビの盛り上がりに向かって大きな声を取っておき、
だんだん強く変化させていくだけでも、
ドラマティックになります。

そして段々音を小さくしていくことでエンディングに向かう等、
聴き手が心地よく歌を聴いていられます。

例えば、クレッシェンドでは、
息を止めないで少しずつ、
最初は息の流れを弱く、少なく出す。

そして、フレーズの終わりに向かって、
段々息を多めにしていきます。

ほか、p(ピアノ)で始めてf(フォルテ)にもっていくと、
息を止めないで歌えるのでやりやすいですね。

こういうことを意識して歌うだけで、
かなり曲に表情がつきます。

歌詞を読む

「この歌はどういう歌ですか?」
と訊かれて、「ええと・・・??」となったことはありませんか?

歌はメロディと歌詞の組み合わせです。

ところが、歌詞があいまいなまま、
適当に、曲調やメロディの雰囲気で歌われてしまうのです。

歌詞が、言葉が、何の意味も持たずにただ流れてしまいます。

メロディーに「音声」を乗せているだけの歌では、
聴く人のココロを打ちませんよね。

あなたがこの曲にどんなイメージを浮かべて歌っているのか?
歌詞(言葉)をどう伝えたいのか?

それには、聴いている人の耳に、
言葉が心地よく残る発音が必要になります。

その言葉がより明瞭になるための発音を、
母音で練習して、鍛えましょう!

独りよがりな歌い方に気をつけよう

気を付けなければいけないのが、独りよがりな歌い方!

情感たっぷりに歌っている(つもりな)のに、
聴いている人には、その感情が全く伝わっていない、
ということは、実はたくさんあります。

歌詞を読むと関係がありますが、
聴いている人に、歌っているあなたの世界が
ありありと目の前に浮かぶように、
イメージしてもらえる歌が歌えるように、
そこを目指しましょう!

この曲のストーリーは?

あなたが曲の細かいシチュエーションを
理解すればするほど、自分の中で明確になればなるほど、

聴き手にありありとイメージさせることができますよ!

併せて読もう!弾き語りに役立つ発声理論の基礎知識をまとめてあります

今すぐクリック♪
◆発声知識の基礎 初級~上級
http://hikikatari.club/howto/

 

 

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!

昭和の歌物語を紡ごう~平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで大声で話したり笑ったりしていることもあるものです。

前田はこれが嫌なので、知り合いが出るとき以外はあまりライブハウスには行きませんし、出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

あんぷらぐど弾き語り俱楽部の基本方針~後世へ歌い継ぐ!昭和の歌物語を紡ごう!平成・令和への橋渡し~

「歌は人生の同伴者」とはよく聞くものです。

 あなたの人生の大切な思い出となった曲を、
 弾き語りというスタイルで奏でる喜び

それを参加者の皆様にも味わっていただきたいと同時に、
各自が持つそのような思い出の曲を集め、

 「紡ぐ」ことで昭和歌謡のタペストリーを編む

そんなイメージを持つにいたりました。

そして、弾き合い会で参加者の皆様が持ち寄る曲を

「こんな曲もあったんだ」
「この曲ってこんなにも素晴らしかったのか、、、」

と、昭和や平成の歌を再発見し再評価する、
そんな意味合いも出てまいりました。

弾き合い会も少しずつ成長・展開しているようです。

ぜひあなたも参加して、他の参加者の歌を聴き、
ご自身の'自分音楽史'に彩のある1ページを記していただけると
大変うれしく思います!

弾き合い会という草の根の音楽活動で、昭和・平成・令和へと、
受け継がれていく人生の同伴者である音楽を、
少しでも多く残せたら素晴らしいですよね!!

ぜひぜひご参加くださいませ!

弾き合い会基本方針

基本方針など大袈裟ですが(笑)、
代表の前田としては、弾き合い会はこの方針で当日運営しております。

1)皆で応援し合おう
2) 皆できちんと聴き合おう
3)一所懸命、無我夢中の精神で演奏しよう
4)魂を天高く解放し響かせて歌おう
5)心地よい'ホーム'のような場を参加者の皆様全員で作ろう

ライブハウスなどのライブでは、
観客の方も、自身のお目当ての演奏者・バンド以外は聴かないで
大声で話したり笑ったりしているものです。

前田はこれが嫌なので、あまりライブハウスには行きませんし、
出たいと思いません。

歌うほうも聴くほうも、真剣に、楽しく、温かく、
笑い合って褒め合って(笑)、
充実した'音楽時間'を過ごしていただくことを基本としております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スポンサーリンク
発声基礎知識・ボイトレ
スポンサーリンク
80s-vocalistをフォローする
ギター弾き語り歌道(うたみち)~あんぷらぐど弾き語り俱楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました