Mr.Children:Tomorrow never knowsの弾き語りで高音を出すには、ホップ・ステップ・ジャンプ!

歌:Mr.Children 作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

基本コード:F G Em Am C Dm E7 D7

とどまる事を知らない 時間の中で
いくつもの 移りゆく街並みを眺めていた
幼な過ぎて消えた 帰らぬ夢の面影を
すれ違う少年に重ねたりして

無邪気に人を 裏切れる程
何もかもを 欲しがっていた
分かり合えた友の 愛した女でさえも

償うことさえできずに 今日も傷みを抱き
夢中で駆け抜けるけれども まだ明日は見えず
勝利も敗北もないまま 孤独なレースは続いてく

人は悲しいぐらい 忘れてゆく生きもの
愛される喜びも 寂しい過去も

今より前に進む為には
争いを避けて通れない
そんな風にして世界は 今日も回り続けている

果てしない闇の向こうに oh oh 手を伸ばそう
誰かの為に生きてみても oh oh
Tomorrow never knows
心のまま僕はゆくのさ 誰も知ることのない明日へ

優しさだけじゃ生きられない
別れを選んだ人もいる
再び僕らは出会うだろう
この長い旅路のどこかで

果てしない闇の向こうに oh oh 手を伸ばそう
癒える事ない傷みなら いっそ引き連れて
少しぐらい はみだしたっていいさ
oh oh 夢を描こう
誰かの為に生きてみたって oh oh
Tomorrow never knows
心のまま僕はゆくのさ 誰も知ることのない明日へ

楽譜はこちら

Tomorrow never knows 初級者向け 簡単譜面

Tomorrow never knows ギターコード

スポンサーリンク
弾き語り大




メロディのある高音を「歌う」コツ

桜井さん、丁寧に歌っていますね。

何気に3枚ほどCD持ってます^^
90年代によく聴いていたなあ。。。

今はほとんど聴いていませんね。。。

この歌は、最高音が「ラ」
あの「oh oh」のところです。

高音を歌うコツは、その2,3音前から、

ここは高くなるぞ!

と思って歌うことです。

すると、準備が早くなり、その高い音に対応しやすくなります。

その高い音が来た時に、そのピッチ(音程)で歌おうとすると、
声がひっくり返ったり音を外したり、そこだけ飛び出て聴こえたり、、、

ということが生じやすくなりますので、気を付けましょう。

例:

無邪気に人を 裏切れる程~
→ (休符) 何もかもを、、、

今より前に進む為には~
→ (休符) 争いを避けて、、、

ここは楽譜を見ると休符が入っているので、

ホップ・ステップ・ジャンプ!

みたいに、休符で跳び箱の踏み台を踏むように、
ジャンプで高音を出しましょう。

「出た!!」

とばかり、高音を出したからといって安心して気を抜いてはだめです^^

次のフレーズにもきちんと気を配らないと、
声が抜けてしまったり雑になったり、
きれいな歌唱にはなりません。

弾き語りマスター、上級者への道は険しいです(^^♪