サイモンとガーファンクル 筆者の弾き語りの原点になったデュオ

もういつだったか覚えていない。

中学生のころラジオだろうか。

サウンド・オブ・サイレンスを聴いて、
ずっとその曲が頭にあった。

高校生になり、友人に聞いたらこの二人の曲だった。

が、今日はサウンド・オブ・サイレンスを語るのではない(笑)

ミセス・ロビンソンを弾き語る


●スペシャル・プライス\1,000+税●期間生産:2016年6月末まで

ところどころムズカシイフレーズが入るが、
コード自体はそんなに難しくない。

歌も、英語なので、歌いまわしが忙しいところは
走りがちになる。

そこを気を付ければいいだろう。

2人いてハモれれば、それはそれは気持ちいのだが、
一人で歌ってもよい。

前田は一人で二人のパートを交代で歌った。

高校当時ラジカセでカセットテープでこの曲を流しながら、
ポールのパート、ガーファンクルのパート、

といった具合にテープに合わせて歌っていたものだ^^

とにかく、楽しく気持ちよく歌ってほしい!

坂崎幸之助さんで学ぶギターの弾き方

「ミセス・ロビンソン」」山本潤子、坂崎幸之助、吉川忠英

ミセスロビンソン 坂崎幸之助、桜井賢

アルフィーの桜井さんと歌っている坂崎幸之助さんのギターは素晴らしい^^

一人であそこまで弾ければ気持ちいいだろうなあ。
ここは上級者レベルの人ですね。

初心者はとりあえずコードだけで歌ってみよう!

スポンサーリンク
弾き語り大