あんぷ杯でなごり雪と万里の河を弾き語った!

先日、第46回あんぷらぐど杯演奏会、略してあんぷ杯を開催。

ピアノソロ2人と、ギター弾き語り4組が参加しました。

ぬしこと前田は

なごり雪
万里の河

を熱唱(笑)

しかし、、、

練習の時のほうが気持ちよく歌えた、
というのが正直なところ。

よい状態をそのまま100%、本番で出せないのが
本番の恐ろしいところw

いや、120%だすのがプロなのだろう。
そうなるためにどれくらい練習しているのか?

そう思うと、まだまだ習練だ、と思うぬしこと前田です^^

なごり雪

練習では、情景をイメージしながら、
そのイメージが観客に伝わるように歌っていたつもりなのだが、、、

やはり本番、余裕がない。

で、曲をどうメリハリつけて歌うかは、決めて歌った。

これをどう感じてくれたか、お客さんに聞いてみたいな^^

出だしで失敗w

発声も練習のいい時のようにいかなかった。

前田はマイクなしで歌うので
一人で歌うときと、お客さんがいる中で歌うのでは、
会場の響きも違ってくる。

歌う場所・位置によっても違うのか?
とも感じた。
※このときの動画は著作権がらみで削除しました

特に最後「君が去ったホームにのこり」~から。

ここは落ち着いて余韻を味わうように歌うイメージだったのだが、
ちょっと余裕がなく走ってしまったし、
言葉(歌詞)も雑になってしまった。
こちら2017年3月版なごり雪

万里の河

歌いだしが安定しないのは前田の悪いところ。

特に低音部から始まるメロディでは、
それが顕著に表れる。

何度も繰り返しては練習いるのだけど、
やはりそこが本番の恐ろしいところ。

お客さんがいて緊張から余裕がないのだろうなあ(泣)

あと直したいところが、
ある音がそこだけ「飛び出して」しまうこと。

歌詞がなめらかに聴こえないのだな。

練習の時から気づいていたから、
何度も練習したのだが。。。

そして、走る走る、ひた走る(笑)

これも落ち着いてコントロールしなければならないなと、
常日頃の課題です。

※録音レベルが高かったらしく、所どころ音が割れています。

万里の河

終わってすぐ、

「あ、姿勢!」

と思った。

練習では、椅子の高さ・座る位置や、
足台を置いて姿勢に気をつけていたのだが、
本番始まって、それはどこかに飛んでしまった。

ちょっと猫背気味で、身体が開いていなかったか?
と反省した。

参考:
アコギの弾き方と歌い方で表情を付ける!~万里の河弾き語り考

アコギの弾き方と歌い方で表情を付ける!~万里の河弾き語り考
万里の河を歌ってみた いやまず、チャゲって音域高いな。 すばらしい!! 使用コード Em D₆₉ G Bm Am D B7 C ...

こちら2017年5月版万里の河です(^^♪
少しはましになってますかな(笑)

まとめ

わかっているのに、やってしまう。。。

これは、まだまだ練習不足なだけ!!

練習で2,3回やって矯正して(自分では)できると思っても、
本番では、やってはいけないほうが出てしまう。

100回の素振りと1000回の素振りでは、全く違う。

う~ん、もっと身体に染みこませるまでやらないと!

と思った本番でした。

参考~ギター弾き語りのおススメ曲

あんぷ杯のほかの出演者が歌った弾き語り曲です。
参考にどうぞ!

♪神田川      作曲:南こうせつ
♪あなたのすべてを  作詞作曲:佐々木勉

洋楽
♪花はどこに行った    PETE SEEGER詞曲
♪カントリーロード   John Denver

スポンサーリンク
弾き語り大