【ボイス・トレーニング】家で大声を出さずにできる発声練習

「家では大きな声が出せません。何かよい練習方法はありますか?」

よくある質問です。

リップロール

ボイトレの先生に勧められたのが、リップロールです。

リップロールとは、唇を閉じたまま「プルルルルル」と
息を出すことです。

これは横隔膜を使った呼吸の練習になります。
また、声帯の緊張をほぐす準備運動にも良いですね。

リップロールは、
「それ、できないのです」という方が結構おられます。

・息は強く吐かない。
・「ふー」と息を出しているのと同じ。
・下唇を意識する。

を意識してくださいね。

ハミング

あと、ハミングがあります。

鼻腔を意識して、骨に響かせるように、
喉の奥を大きく開けて(口は閉じたまま)、

mm~~

と出してみましょう。

口を閉じていますので、声が鼻から抜けます。

声帯と鼻腔の響きを感じることができますね。

声帯のストレッチ、
息の流れをコントロールする、という効果もあります。

息を吐く練習

息を吐く練習もできます。

s を発音するように「ス~~~~~~」と息を吐きます。

これを最初は8拍、慣れてくれば、16拍、32拍と続けます。

慣れないとすぐ息を吐き切ってしまいますので、
少しずつ小さく息を吐いていきましょう。

均一な息の量で吐けるように、
おなかの支えを、つまり横隔膜を意識します。

これができれば、均一な息の量で歌が歌えます!

以上を見てみると、結局は「呼吸」にいきつきます。

大きい声を出せなくても、基本中の基本になる
「呼吸のトレーニング」なら
家でコツコツ地道に続けられますね!

併せて読もう!弾き語りに役立つ発声理論の基礎知識をまとめてあります

今すぐクリック♪
◆発声知識の基礎 初級~上級

発声理論の基礎知識
カラオケ・マスターへの道 弾き語りで歌いたい・ 初めてバンドでボーカルをする人のための発声知識基礎入門! このページ下部より、...