【ボイス・トレーニング】ビブラートは必要?

【ビブラート】とは

似て非なるのが、ビブラートと
揺れ声、震え声。

心地よく響くビブラートは、
音程が一定し、揺れの「波」が周期的です。

これに対し、揺れ声・震え声は揺れの波が不規則で、
音程の幅にも大小があったり一定しません。

ビブラートは腹式呼吸ができて自然にできるもの、
ともいわれています。

ビブラートができない、ビブラートにならない、
という場合は、次の要因が考えられます。

・呼吸がうまくできず、息が足りていない
・地声で張り上げて、のど・あご・首などに力が入っている

変なクセのあるビブラートは、
それをストレートに直すことも必要となり、
そちらのほうが苦労することもあります。

ビブラートがないから広がることもある

ビブラートは歌唱・表現に広がりと
歌い手の個性・カラーといったものを加えることができます。

ですので、きれいにビブラートをかけたい、
という歌い手も多くいると思います。

しかし、ビブラートがかからなくても、
ポップスなどでは逆に、異なるスタイルのジャンルの歌も歌える、
ということになりますので、
あまり気にすることはありません。

併せて読もう!弾き語りに役立つ発声理論の基礎知識をまとめてあります

今すぐクリック♪ 
◆発声知識の基礎 初級~上級

発声理論の基礎知識
カラオケ・マスターへの道 弾き語りで歌いたい・ 初めてバンドでボーカルをする人のための発声知識基礎入門! このページ下部より、...
スポンサーリンク
弾き語り大