【発声】腹式呼吸と横隔膜

腹式呼吸とは

私たちは息を吸うとき、肺の容量を広げています。

腹式呼吸とは横隔膜を使って肺に息を入れる呼吸法のことです。
横隔膜は肺の下側にあり、肺と内臓を隔てています。

そして、息を吸うときに
胃腸や肝臓など内臓を押し下げることで、
肺の容積を大きくしています。

歌にとって腹式呼吸が大切な理由

腹式で的確な呼吸ができていると、か細く弱々しい声ではない、
芯がありハリのある声といいましょうか、
歌声に奥行きと充実感が加わります。

自由自在にアクセントや変化に富んだリズム、
声に強弱をつけることができます。

また、長時間歌い続けても疲れません。
声帯への負荷を抑えることもできますので
高齢になっても声質や音域を維持する効果があります。

ただし、歌唱時に、これを自分のコントロール下において、
意識的に行おうとすると途端に難しくなるのが、
われわれ素人には困ったところです(笑)

pic_b041

支え

人の呼吸では、横隔膜で内臓を押し下げ、肺の容量をあげます。

人は吸気、息を吸うときにエネルギーを強く使います。
しかし、吐くときは自然に息が吐き出されます。

強制的に大きく広げられた肺は、
伸ばされたゴムが自然に元のサイズに戻るように、
意識せずとも自然に元に戻ります。

なので呼気(吐く息)は、意識しないと、
すぐに勝手に終わってしまうのです。

これがいわゆる「支えがない」呼気です。

支えがないとどうなるかというと、
吸った息をアッという間に使ってしまいます。

これでは長いフレーズなど歌いきることができませんね。

支えがある呼気は、吐く息を意識していると、
ゆっくりと元に戻ります。

横隔膜がゆっくりと上昇する、ということです。

つまり、安定した美しい響きで、長いフレーズも歌いきれる歌唱ができる、
ということですね。

ですので、少ない肺活量でも、
吸った息を少しずつ、効率よく使えば
十分な声量と持続する息を得ることができるのです。

あわせてどうぞ~初級編

声の出る仕組み

【ボイストレーニング】声の出る仕組み
【声の出る仕組み】 声は、声帯の振動と呼吸で生まれます。 声帯の振動は、呼吸によって、 つまり肺から吐く息によって生じ...

歌は呼吸が8割!

【発声】歌は呼吸が8割!
歌は呼吸が8割 歌は呼吸が8割といわれています。 息は鼻から吸うのが基本です。 いっぺんにたくさん、思いっきり吸おうとしないで大丈...