【ボイストレーニング】声の出る仕組み

【声の出る仕組み】

声は、声帯の振動と呼吸で生まれます。

声帯の振動は、呼吸によって、
つまり肺から吐く息によって生じます。

声帯の振動によって起きた小さな音が、
のど・口・鼻の中で共鳴して声が作られます。

この共鳴が声を色づけ、大きく増幅させるのです。
そして口の中の複雑な動きによって、
人同士がコミュニケーションの取れる
「言葉」として表現されるのです。

歌でいえばこれが「歌詞」ですね。

この、普段のしゃべり声と、歌う発声が違うところが、

歌うたいを惑わす、大きな原因なのです。


続きはこちらへ
腹式呼吸と横隔膜

【発声】腹式呼吸と横隔膜
腹式呼吸とは 私たちは息を吸うとき、肺の容量を広げています。 腹式呼吸とは横隔膜を使って肺に息を入れる呼吸法のことです。 横隔膜は...

歌は呼吸が8割!

【発声】歌は呼吸が8割!
歌は呼吸が8割 歌は呼吸が8割といわれています。 息は鼻から吸うのが基本です。 いっぺんにたくさん、思いっきり吸おうとしないで大丈...